成長の布石

〜今日の自分をちょっぴり上回る明日へ〜

優先順位の決め方を間違えないために

「バケツと大きい石」のお話。

f:id:InomotoTakashi:20150512224730j:plain

ある大学の授業の話。

教授は「大きな壺」をとり出し、教壇に置いた。
そして、その壺の中に、一つ一つ石を詰めていく。
壺がいっぱいになるまで石を詰めてから、教授は学生に聞いた。


「この壺は満杯か?」

学生は皆「満杯です」と答えた。

「本当に?」


教授は、教壇の下からバケツに入った砂利を取り出した。

そして、砂利を壺の中に流し込み、
壺を揺らしながら、石と石の間を砂利で埋めていく。

教授はもう一度学生に尋ねる。


「この壺は満杯か?」


学生は答えられない。
しばらくして、ひとりの学生が「多分、違うだろう」と答えた。


教授は「そうだ!」と笑い、
今度は教壇の下から砂の入ったバケツをとり出した。

砂を石と砂利の隙間に流し込んだ後、
教授はもう一度学生に尋ねた。


「この壺は満杯か?」


学生は今度は声をそろえて「いいえ」と答えた。

教授は水差しをとり出し、壺のふちまでなみなみと水を注いだ。


「私が何を言いたいか、わかるかい?」


一人の学生が答えた。
「どんなにスケジュールが忙しい時でも、最大限の努力をすれば、
いつも予定を詰め込むことが可能ということです。」


「そうではないんだよ」と教授。


「重要なポイントはそこではないんだよ。
 この例が私たちに示してくれている真実は、大きな石を先に入れない限り、
 それが入る余地は、そのあと二度とないということだ。

 ここでいう大きな石とは君たちにとって一番大切なものだ。
 それを最初に壺の中に入れなさい。
 さもないと君たちは、それを永遠に失うことになる。

 つまり自分にとって重要度の低いものから自分の壺を満たしたならば、
 君たちの人生は重要でない何かで満たされたものになるだろう。

 そして大きな石、つまり自分にとって一番大切なものに裂く時間を失い、
 その結果、それ自体を失うだろう」  

 なんとも奥の深い話です。

人生において重要な優先順位の決め方について、
真理とも言える視点で私達に教えてくれています。

 

どうも私の場合は、目先の問題に囚われすぎて、
すぐ解決していくように行動します。きっとそのように行動すれば、
いつかは幸せになれる、楽になれる、大きな問題も解決すると、
信じて止まないのでしょう。

でも、冷静に考えてみますと、大きな問題というものは、
それなりに解決に要する時間も膨大です。
しかも、その大きな問題に向き合い続けることが重要です。

しかし、大きな問題であるからこそ、解決した時の喜びは、
計り知れないものとなり、自信も与えてくれます。

ですので、大きな問題は解決する優先順位が高いミッションです。

後回しにしたところで、解決は遅れますし、
ヘタすると一生解決できないかもしれません。
そうなると、もう後悔しか残らないです。そんなの嫌ですよね。

 

今一度、自分が本当に大切にしたいもの、解決したい問題を、
棚卸しすることで、新たな行動計画とやりたいこと及び、やりたくないことが、
はっきりと見えてくるのではないでしょうか。

定期的に自分の行動を見直す時間を設けましょう!

 

それでは。

広告を非表示にする