成長の布石

〜今日の自分をちょっぴり上回る明日へ〜

目標には「期日」が必要!

本日の出来事でタメになりました

f:id:InomotoTakashi:20150515195009j:plain

本日、会社の上司とミーティングをしておりました。

面談の内容はと言いますと、「昇進」に関わる試験で、
今度、私が取締役と面談を行うために色々と協力してくれているのです。

今回、取締役に対してプレゼンを行うので、
その資料にも上司の目を通してもらいました。

プレゼンの内容に関しては褒めていただけたのですが、
具体性が乏しいと言われ、まさにそのとおりだなと落ち込みました。


良いアドバイスに巡りあう!


しかし、その上司から希望を持たせてくれる、
アドバイスを頂けました。そのアドバイスとは、

 

「目標に期日を設ければいいよ!」

 

私にとっては目からうろこでした。

 

たしかに目標を設定する時って例えばですが、
英語の試験TOEICで800点取るぞ!と目標立てたとしたら、
次の試験日か、次の次の試験日を目標達成日に設定しますよね。

 

今回、私が提示した目標ですが、将来のビジョンのための第一歩、
仕組みを作る段階での目標であったので、目標達成の期日は決めず、「こうしていきたいな〜」くらいで書いていたのです。

 

正直甘えていましたね。これくらいでいいだろうと。

 

でも、上司からのこのアドバイスで、甘えを捨てることが出来ました。

 

目標の期日を設定することで行動の優先順位が決まる

ただ漠然と目標を立て、なんとなく行動しても、
その目標達成に近づくどころか途中で諦めることが多くなるでしょう。

 

しかし、明確な目標を達成する期日を決めておけば、
その日から逆算して今取るべき行動が何であるかを察知できます。

 

取るべき行動が分かっていれば、後はその通り行動するのみです。

目標達成には、行動の優先順位をきっちり守ることが、
達成への最短ルートとなります。(過去記事↓も併せて読んでみてください)

www.ino-san.info

 どんなに素晴らしい目標でも行動しなければ夢物語

どれだけ見栄えの良い資料などで上司に目標を伝えても、
きれいな言葉を並べて達成できるとすごそうな目標を伝えても、
目標を立てた本人が行動しなければ始まりません。

 

「どうせできないんだから」と諦めてしまう夢もあるかもしれません。
でも、それって、目標を立てた時は少なくとも、
「私ならできる!」と自信を持っていたと思います。

 

その時の情熱を燃やし続けるために期間を設け、
目標達成までの進捗確認を行うだけでも、
自分の成長度合いが細かくわかるので楽しくなります。

 

とりあえず、行動しましょう。

さあ、あなたは「いつ」までに「何を」達成しますか?

 

それでは!

広告を非表示にする