成長の布石

〜今日の自分をちょっぴり上回る明日へ〜

目標に対する方向修正の重要性

f:id:InomotoTakashi:20150522181421p:plain

目標に対して努力する事は素晴らしいこと

目標に向けて努力している人はたくさんいらっしゃると思います。

目標を持つことによって、毎日の行動指針ができてきて、
行動の試行錯誤と結果の足跡を辿ることで、
目標(ゴール)までの距離が分かり、いつかは達成するでしょう。

そうやって、私達は自分の行動に自信を持つようになり、
また、新たな目標に向かって突き進んで行けます。

目標に向けて努力している人を見ると、こちら側までヤル気になります。

努力することは周りにも良い影響を与えるので素晴らしいことだと言えます。

努力をするも、結果が出ない時

努力をしているつもりなのだが結果が伴わない、ということもあります。

結果が伴わない原因として一般的に挙げられる理由で一番多いものは、

 「努力が足りない、努力している時間が短い」

と考える方が多いようです。確かに、そう言われれば納得しやすいですが。

果たして、本当に努力量の問題だけなのでしょうか?

正攻法は人それぞれ

目標に向けて努力する前に、自分が立てた目標を達成している人に話を聞いたり、
目標を達成している人の本を読んだりすることが多いと思います。

このような情報収集は、努力していく上で非常に大切な要素です。

しかし、全てを真似する必要はありません。

目標を達成した人と同じ行動を取ったとして、自分も同じように達成するという、
保証は無いわけです。あなたにはあなたの正攻法があります。

あくまで、「努力する」ことは、最低限必要な事にはなりますが、
成果が見えない努力を我慢して続けることは、もったいないことが多いです。

目標達成した人の情報を鵜呑みにしないということが必要であり、
自分の知識として取り入れ、納得して行動すべきです。

行動がものを言う

目標を立てて、情報を集め、この努力が必要だな〜と考える事は、
大抵の方が行っていることです。次は行動です。

考えているだけで行動しなければ、もちろんのこと目標達成はできません。

行動して、以下のような様々な結果を知ることができるのです。

  • うまくいったこと
  • うまくいかなかったこと
  • 時間が必要だと感じたこと
  • 少しでも成果が見込めそうなこと
  • ムダだなと思ったこと
  • 違う手法が適していると感じたこと
  • 目標達成までにかかるであろう時間のこと

上記、ざっと挙げましたが、これらの「気付き」というものは、
行動しなければ分からない情報です。

方向修正は取るべき選択

最初に立てた目標に向けて、努力が続けられないとスグに辞めてしまう、
目標を諦めてしまう人が多いです。

あくまで、最初に立てたと行動計画は、見立てであるため、
はじめから完璧にこなせなくていいのです。

行動することによって得た情報を元に計画を立てていくのです。
初めに立てた行動計画を見て「これくらいできなければ、自分には才能がない。」と、
勝手に見切りをつけてしまうのではなく、
目標達成のために、方向修正を行えばいいのです。

方向修正ができない方は特に、真面目な方に多く見られます。

方向修正→即実行を繰り返すことで、自分に合った努力の仕方が分かるのです。

 

ここで、トーマス・エジソン氏の言葉をご紹介します。

私たちの最大の弱点は
諦めることにある。

成功するのに最も確実な方法は、
常にもう一回だけ試してみることだ。

成功というものは、
その結果ではかるものではなく、

それに費やした努力・時間の統計で
はかるものである。

「失敗?」

これはうまくいかない
ということを確認した
成功だよ。

 それでは!

広告を非表示にする