成長の布石

〜今日の自分をちょっぴり上回る明日へ〜

報・連・相(ホウ・レン・ソウ)の具体的な行動指針を知ることが出来た件

社会人の基本である「ホウ・レン・ソウ」

f:id:InomotoTakashi:20150530172512j:plain

組織で働く人間なら、誰もが入社研修の時に教えられるであろう、
「ホウ・レン・ソウ」について考えてみたいと思います。

「報告・連絡・相談」でしょ? その通りです。

組織で働くなら、上司や同僚に対して「報告・連絡・相談」が必須です。

これを無視して仕事をすることはほぼ不可能に近いと言ってもいいでしょう。

報・連・相のタイミングはいつがいいのか?

基本的に、報告・連絡・相談は緊密にすることが大切です。

事故やトラブルが発生し、緊急の報告が必要な場合は、
現状を分かっている範囲で報告し、また状況が変わればその都度、報告します。

急ぎでない報告などは、相手の状況によってタイミングをはかりましょう。
忙しそうなときは、都合の良い所で時間を取ってもらいましょう。


しかし、連絡であれば今スグその情報が必要である可能性が高いので、
忙しそうであればメモに書いて渡しておくのも1つの手です。

報告の順序は間違えないように

基本は、直属の上司に行なうべきです。

上層部や他部門に先に報告してしまうと混乱が起きてしまいます。
ムダに動かなければならない人が多く発生してしまいますので、まずは、直属の上司へ掛けあってみてください。

報告することで信頼関係が築かれる

報告などを怠ると上司からいつも心配されて、問題児扱いされてしまうかもしれませんので、報告は欠かさないようにしましょう。頼んだ仕事を期日までに終わらせてくれるかどうか、問題は起きていないのか、ほんとうに大丈夫なのかと上司は心配してしまいます。報告をしていないという状況が続くと、上司から見放されてしまいますし、仕事も振ってもらえなくなりますから気をつけましょう。

適切な報告・連絡・相談(ホウ・レン・ソウ)

報告

  • 催促される前に報告し、途中経過もこまめに報告
  • トラブルや事故などの緊急の報告は、まずは分かる範囲で一報を入れ、
    その後追加情報があれば整理して報告
  • ミス等は小さなものでも報告(これで大きなミスを予防できる)
  • 報告は簡単に要点を伝える
  • 報告する相手・順序を間違えない

連絡

  • 連絡事項はスグ伝える
  • 連絡内容を間違えないように、よく確認する
  • 連絡事項を聞く場合は、必ずメモをとる(復唱して確認も行なう)
  • 口頭での連絡は誤解を生みやすいため文書で連絡
  • 自分の動き(外出・休暇)は丁寧に報告

相談

  • 相談したいことを事前に伝え、相手の都合に従い時間を取ってもらう
  • 相手が理解しやすいように相談内容を整理し、問題点を明確にする
  • 相談に対する意見や答えはしっかり聞いてメモに取る
  • 相談した件については、必ず経過や結果を報告する。(感謝も忘れない)

 

ホウ・レン・ソウは組織で働く上で基本的なことであり大切なことです。

今一度、自分のホウ・レン・ソウはうまく出来ているか見つめるのもイイのではないでしょうか?

それでは!

広告を非表示にする