成長の布石

〜今日の自分をちょっぴり上回る明日へ〜

もらえることを待つな!与える人であれ!

f:id:InomotoTakashi:20150601205803j:plain

権利ばかり主張する人って、どうなのよ。。

もらってばかりで気が引けないのかなと思ったりします。

あたかも、「やってもらって当然」「してもらうのが普通」と言わんばかりに、
権利を主張する人が多い気がします。権利を主張できる人は義務を果たせる人になると思うのですが、自分の成果を過大評価して、与えられるものに対して過小評価をしてしまう人を見かけます。

「こんなに頑張ったんだから、これくらいの報酬は当然よ!」という考えは古いと思います。会社に出勤して最低限の仕事をしていれば給料をもらえるのが一般的な考えでしょうが、社長や個人事業主はそんな悠長に構えていれません。初めて誰かの役に立ってこそ頂ける報酬ではないのでしょうか?

給料が安いと嘆く人は、言ってしまえば自分の時間給の評価が高いと勘違いしている場合が多いです。会社の力を借りなければ稼ぐことすら出来ないのではないでしょうか?

会社から与えられた武器を振り回させてもらって、強くなった気でいて、
尚且つ、会社の自分に対する評価が低いなんて愚痴をこぼし出す人まで。

この世はたいがい、因果応報

大抵、自分の会社の批判をしている人に限って、役職も高くない人が多いように思います。批判するくらいだったら自分で変えてやろうと息巻いて行動すればいいのになと常に感じています。批判ばかりしているから、巡り巡ってあなたの現在の地位を築いているのではないでしょうか。

批判しない人、いわゆる自分で会社を変えていこうとする人は、
巡り巡って会社が良くなるとともに、その人の地位も上がっています。

愚痴ばっかり言って何も与えない人よりも、前向きに取り組み会社を変えようとしている人、すなわち「与える人」が人の上に立つのではないでしょうか。

というか、そのような人が上司であってほしいと願います。

もらえることを待つようになると、自分の周りの人間も同じような人となり、
「くれくれ文化」が築かれていくでしょう。(類は友を呼ぶ)

それなら、真っ先に与えてしまえ

人のため、会社のためになるような行動を取るときに迷う必要はありません。
たとえそれが、めんどくさく感じても、アホらしいと思っても諦めちゃダメです。

 

与えるために動くんです。

 

誰かが喜ぶため、誰かの役に立つため、人のためになると思ったことを進んでするんです。いい人に思われたいからとかではなく、自分の心が素直に動き出すのでそのことに従えばいいんです。

どうしようかなと悩んでしまった時は、「やってしまいましょう」!

早く決めて失敗すれば儲けものです。成功へ近づくために成功しない方法を1つ潰したことになりますから!ウジウジ悩んだら、まずやりましょう!

 

それでは!

広告を非表示にする