成長の布石

〜今日の自分をちょっぴり上回る明日へ〜

格安スマホと高機能スマホを比べるとどれくらい性能が違うのか。

f:id:InomotoTakashi:20150609211430j:plain

最近話題の格安スマホですが、高機能スマホ(いわゆるdocomoとかのスマホ)と比べ、
性能にどれだけ差があるのか調べてみました。

若干、格安スマホの性能は劣る

比べてみましょう。

高機能スマホ→「AQUOS ZETA SH-01G

格安スマホ→ 「ZenHone 5

それぞれのスペックを上記の色でかき分けていきますのでご参考までに。

  •  ディスプレイ    5.5型 5型
  •  フラッシュメモリー 32GB 16GB/32GB
  •  CPU        クアッドコア(2.3Ghz) クアッドコア(1.2GHz)
  •  バッテリー     3300mAh 2110mAh
  •  通信速度      最大150Mbps 最大150Mbps
  •  カメラ       1310万画素 800万画素
  •  防水        あり なし
  •  テレビ       フルセグ なし
  •  おサイフケータイ  あり なし

このようにして比較してみますと、格安スマホのほうが機能的には劣ります。

しかし、私の場合、気になる部分はバッテリーのところくらいでしょうか。
防水が無いのもちょっと気を遣うかもしれませんが、問題はないですね。

あと、クアッドコアというものに、ちょっと疎かったのですが、
これはいわゆる「処理速度」のことを言っています。

「サクサク動く」やつほどこの数値が高いのです。

独自のサービス(アプリ)はどうか?

大手通信事業者は、通信だけではなくいろいろなサービスを提供してくれます。

例えば、NTTドコモの場合でしたら以下の機能が挙げられます。

  • データ管理
  • 翻訳
  • 情報収集
  • 生活サポート
  • コンテンツ販売

おそらく、これらの機能を全て使いこなせている人はいないと思いますが、
種類は多いほど選択肢が広がるので嬉しいですよね。

これに対して、格安スマホはシンプルで、
有料サービスと言ってもセキュリティやサポートが有るくらいです。

大手キャリアのスマホに比べると初めから付いてくる機能は限られますが、
シンプルで逆にスマホとしては使いやすいかもしれません。

また、グーグルストアなどでアプリもダウンロードできますので、
カバーはいくらでもできると思われます。

サポート面なら普通のスマホのほうが安心

大手通信業者のスマホであれば、◯◯ショップに駆け込めばサポートしてくれます。

しかし格安スマホに関しては、端末はメーカーへ、通信なら通信業者へと、
問い合わせ先が複数になる場合もあるので、サポートの面からすると、
大手キャリアのほうが良いですね。

 

私もまだ、揺れ動いています。でもあと残り5ヶ月なので、
どちらにするか決めなければ。

 

それでは。

広告を非表示にする