成長の布石

〜今日の自分をちょっぴり上回る明日へ〜

自分自身をアウトプットしていく

f:id:InomotoTakashi:20150829145822j:plain

自分に出来ることはなんだろう?

会社で仕事をしていても、自分がやっている作業なんざ誰でもできるんじゃないか?代わりはいくらでもいるんじゃないかと考えることが多くなった。決まったサラリー(給料)をいただく中で、自分が働いて給料分の価値でしか対価を計れないのだとすると、給料の低さに情けなくなってくる。でも家族を養うため、生きていくために働かなくてならないのだ。

でも、この仕事が嫌いかといえばそうじゃない。時々、人間関係で嫌になる時もあるが、その問題さえなければあとはハッピーだと思う。基本的に物事を人の教えることは好きな性分だからヘルプデスクという職業は向いているのかもしれない。

あ…自分の好きなことって「教えること」なのかもしれない。

何かを誰かに教えてあげる、もっと具体的に言えば、分からなくて困っている人に分かるようになるまで教えてあげる!そのように誰かの問題を解決することが、私の中で仕事のやりがいとなっていることは間違いない。

知識は礼儀

ただ、何かを教えるということは相応の知識が必要となってくるのは言うまでもない。知ったかぶりでどうにかなる問題ではないし、教えられる側も問題解決できないことも十分にありえるわけだ。これは現在の仕事であるヘルプデスクで経験してきたことである。

人に物事を教えるということは、質問してくる人よりも、その物事に対して知識を持っていることが前提である。でないと何も解決の糸口を示してあげられないから。まさに「知識は礼儀」である。

しかし、知識がないからといって何もできないということはない。質問されて初めて理解が深まることもあるし、質問してくる人の本当の要望(ニーズ)を汲み取る技術を養っていくことも必要だ。求められていないことをアウトプットしまくったとして迷惑がられるのがオチだ。人の話を注意深く聞いて、本当のニーズを探ることはとても大切なことである。

自分は何ができるかアピールすることが大切

自分が何ができるかをアピールしなければ、誰も自分なんかに質問なんてしてはこない。まあ、当然だ。だからブログやSNSといったツールを駆使して世の中に自分という人間をアピールする必要があるのだ。まだ、世の中の人たちは、あなたという存在を知らないだけで、知ったら色々質問してくると思う。私だってそうだった。

自分の得意分野をどんどん外にアピールしていこう!日本人はアピールすることは苦手な人種らしいが好きなことや得意なことをして日々発信すればいい。

写真だろうが文章だろうが動画だろうが、なんでも使って自分をアピールしよう。

私もどんどんアピールしていく。

あなたとともに!

 それでは。

広告を非表示にする