成長の布石

〜今日の自分をちょっぴり上回る明日へ〜

人の才能をうらやむ前に、やるべきこと

f:id:InomotoTakashi:20150921152854j:plain

コツコツ続けることが大切

仕事において、人の才能にうらやましいと思う気持ちが芽生えることは、少なくないと思います。そう、誰にでもありえることです。例えば、
「いつも営業ノルマをいとも簡単にクリアしている」や、
「斬新なアイデアをいつも出してきて周りの評価が高い」などです。

しかし、他人の才能をうらやんだところで何も始まりませんよね。そんな嫉妬の気持ちを抱くよりもやるべきことが他にちゃんとあります。

それは「コツコツ努力しつづけること」です。

自分のできる努力をコツコツ続ける習慣を身につけることによって、
その「習慣」が「才能」を凌駕する日がやってきます。

「習慣」にするということは体に覚えこませるイメージです。何度も何度も繰り返し続けることによって自分の体に覚えさせるのです。

いくら能力が備わっている人であったとしても、継続する努力を怠っている人は必ず成長が止まるときがやってきます。そのときに自分を信じることができるのは今までの努力がモノを言うと私は思います。

あのイチローでさえ

また、メジャーリーグで活躍しているイチロー選手の言葉にこんなものがあります。

努力せずに、なにかできるようになる人のことを「天才」というのなら

僕はそうじゃない。努力した結果、何かができるようになる人のことを、

「天才」というのなら、僕はそうだと思う。人が僕のことを、

努力もせずに打てるのだと思うなら、それは間違いです。

 プロ野球選手に必要な才能を全て独り占めにしているようなイチロー選手でも、努力しなければ成功しないと言っています。努力をしなければ才能という花を開花させることはできないまま、一生を終えてしまうのです。

100日続けることができそうなことありますか?

才能は、生まれ持ったものかもしれません。しかし、他人の才能をうらやんだところで、どうにもならないことは分かりきっていることです。でも、「努力」に関して言えば自分の意思で誰にでもできることです。

100日ほど続けられそうな努力を探してみてください。そしてその努力を続けてみてください。初めから大きな努力をしようとすると三日坊主になる可能性が高いです。その三日坊主にならない強い意思をお持ちの方は良いかもしれませんが、まずは少し簡単だなと思うことからでもいいので、仕事における努力を100日ほど頑張ってみませんか。

100日間、努力を続けたあなたは必ず成長し自身も生まれてきていることでしょう。

 

それでは。

広告を非表示にする