成長の布石

〜今日の自分をちょっぴり上回る明日へ〜

コモディティ化に気をつけよう!

f:id:InomotoTakashi:20160423191249j:plain

コモディティ?何だそれは...

まず、コモディティについてご説明しますね〜

 

競合する商品同士の差別化特性(機能、品質、ブランド力など)が失われ、価格や買いやすさだけを理由に選択が行われること。機能や品質面で大差のない製品が多く流通し、消費者にとって「どの会社のものを買っても同じ」状態になること。

 

まあ簡単に言いますと、似た商品がすぐ他の会社でも作られ、
商品そのものが珍しくとも何ともなくなる状態です。

 

今ってスマホは珍しくないですよね?
でも、スマホが市場に出てきた時は珍しすぎて、
すぐに飛びつく人はあまりいなかったようです。

 

しかし、アップル社が出したiPhoneが売れ始めると、
日本家電メーカーさんも頑張ってスマホを打ち出してきました。
エクスペリアとかかっこいいですよね。個人的に好き。(そんな私はiPhoneユーザですが)

 

スマホを打ち出すことが他の家電メーカーにできなければ、
アップル社の一人勝ちだったとは思いますが、
資本主義である日本ではすぐ類似品が出てきます。

 

性能が良い商品が次々に登場し、
価格は下がっていき、そこで技術の進歩の競争があり、
どんどん生活が豊かになっていくとい利点があります。

 

人間も買い叩かれるのか?

人間のコモディティ化も残念がら止まることなく、
日々しかも急速に進んでいます。

 

英語が喋れるというと、しゃべることができない人からすれば、
すごいなー!と感じるかもしれないのですが、英語を堪能に喋れる人って結構いらっしゃるものです。

 

日本に数百人しかいないのであれば希少価値もありますが。

 

決して英語を習得することに意味はないということではありません。
むしろ、英語はしゃべれないと1億人ちょっとの市場でしか戦うことができませんからね。

 

ただ、英語をしゃべれるだけで人生成功っていうわけではなく、
どう活かしていくかが大切なんです。

 

英語だけじゃないです。弁護士、医師、会計士など
難関国家資格に受かれば一生安泰なんてことはないんです。
(少し前までは大丈夫!と思っている人も多かったとは思います。)

 

隣の人や周りの人と自分を比較した時、あんまり大差がないと
思われるでしょう。しかも少しくらいの差であれば、
それは既に差ではなくなっています。

 

じゃあ、どうしよう?

自分の頭で考えるということが重要になってきます。

資格にすがって生きていける時代ではないということは、
国民全体が認識し始めていることではあります。
(ただし、それを認めたくないという風潮もあります)

特別な存在になるためには自分の価値を上げることです。

10人に1人の能力を二つ持っていたら、
掛け合わせることで100人に一人の価値となります。

 

単純な考え方かもしれませんが、このような考え方から、
自分は何ができるかということを日々真剣に悩まない限りは、
どれも同じであると見なされてしまう側の人間となります。

自分の好きなことなどあれば、いろいろ組み合わせてみましょう!

私の場合、

「バスケ」「釣り」「写真撮影」「自転車」「ブログ」
「教えること」「ラーメン(特に塩)」

などが好きなんですが組み合わせることで希少価値を
発揮できる存在となります。

 

今の会社では役に立たないかもしれません。
でも、会社もいつまでもつか、このご時世誰もわかりません。

 

ならば自分で生きていく力を身につけましょう!

 

それでは。

広告を非表示にする