成長の布石

〜今日の自分をちょっぴり上回る明日へ〜

【たったの30秒で⁈】朝起きてすぐの正座にダイエット効果あり!

f:id:InomotoTakashi:20160525211945j:plain

ぽっこりお腹をどうにかしたい…

年齢を重ねてきますと、それなりにスタイルも衰えていってしまいます。特に顕著に違いが出てくるところといえば「お腹」ではないでしょうか。学生の時は引っ込んでいたお腹も、社会人になり、30代を迎えようとするといよいよヤバくなってきます。

代謝が良かった若いうちは、そこまでお腹周りも気にしていない方も多かったことでしょう。または、「私の場合は大丈夫♪」と裏付けのない自信がある方もいたことでしょう。しかし年齢を重ねると、身体の衰えを認めざるをえないところです。

まずは、ぽっこりお腹をどうにかしたいものです。

ぽっこりお腹の原因

これは、食生活の乱れや運動不足も原因の一つに挙げられるのですが、なんと骨盤の歪みからぽっこりお腹を作り出しております。骨盤の歪みというものは自覚しにくい部分でもあります。自覚しにくいが故に、どの姿勢が正しいかというものも認識がそれぞれ曖昧になってしまいます。

しかし、そのような問題を簡単に解決することができるのです。

正座をすることで骨盤の歪みを矯正していく

正座をすることで骨盤の歪みを矯正していくことができるのです。正座をしてみると分かるのですが、足と同じくらい上半身もきつく感じることがあります。これは常日頃、猫背で生活しているために、背筋をピンっと張ると辛くなってきちゃうんですよね。

正座をする時は、胸を張ってお尻を少し後方に突き出すイメージで行うと良いかと思います。この正座を毎朝30秒するだけで効果が現れます。

姿勢を朝一で矯正することで、その日1日は良い姿勢のまま活動できるのです。良い姿勢で活動することで、筋肉(インナーマッスル)が効果的に使われるようになり、代謝も向上しますので一石二鳥ですよね。

そういえば、高校時代の体育教師が、朝一で筋トレすると代謝が上がって痩せるということを言っていましたが、これもあながち間違いではなかったんだと思っております。素直に聞いておけば良かったと少しだけ後悔しております。

 

やはり、何事においても姿勢は大切ということですね。

 

それでは!

広告を非表示にする