成長の布石

〜今日の自分をちょっぴり上回る明日へ〜

目的を持つことで行動指針ができあがる

f:id:InomotoTakashi:20160527192908j:plain

私は最近、目的を持って行動することを心がけています。

目的を持つことで、今から取るであろう行動に意味を持たせることができると気づき始めました。まぁ至極当然のことのように思われることかもしれませんが、私には新鮮な感覚ですので気づけた部分を書いていこうと思います。

目的と目標の違い

「目的」と「目標」。

響きは違えど、同じようなものに感じなくもないですが、具体的にどう違うのかがわかりませんでした。えぇ、私は考えたこともなかったのです。しかし、この「目的」と「目標」の違いを明確にしておくことはとても大切です。

では、それぞれ説明します。(goo辞書調べ)

まず「目的」

1 実現しようとしてめざす事柄。行動のねらい。めあて。

 「当初の―を達成する」「―にかなう」「旅行の―」

2 倫理学で、理性ないし意志が、行為に先だって行為を規定し、

 方向づけるもの。

 次に「目標」

そこに行き着くように、またそこから外れないように目印とするもの。 「島を―にして東へ進む」

射撃・攻撃などの対象。まと。「砲撃の―になる」

行動を進めるにあたって、実現・達成をめざす水準。「―を達成する」 「月産五千台を―とする」「―額」

 

どうでしょうか。

この「目的」と「目標」の違いを理解することで、何のために行動するのかを考える機会が必然的に増えてきます。

目的⇨目標の順番で考える

考える順番としては、「目的」が最初に来ることになると思います。このことを理解できていない方々が多いような気がしております。(私個人的にですが)

 

目的が定まっていないにも関わらず、目先の目標に意識が行きすぎていて、途中から頑張れなくなることが多いようです。

 

例えば、「スキルアップのために資格取得!」という目標を立てたとします。初めのうちはモチベーションもそれなりに高いので、勉強も続くかとは思いますが、中盤に差し掛かってくると「あれ?何でこの資格が欲しいんだっけ?」と思うようになり、勉強時間がどんどん減少していき、終いには辞めてしまうということが見受けられます。

 

これは「目的」がしっかりイメージできていないために、資格取得の勉強という行動指針がブレブレになったためではないでしょうか。ブレブレになったら大変です。おそらく次に考えることは「私はこんなことをやっていたいいのだろうか?もっと大切な勉強があるんではないか?」と考え始めます。

 

どういう自分になりたいのか、

その目的をはっきりさせることが一番大切なのです。

 

目的が決まれば、次は目標を立てていくだけですので、非常にわかりやすい形で夢への計画を立てることができます。

 

目的とかやりたいことがわからないという方は、この記事を読んでいただけると少しヒントになるかと思いますー。

www.ino-san.info

www.ino-san.info

www.ino-san.info

これを機に、どういう人生を送りたいのか、紙に書いて計画しなおすのもいいかと思います。

 

それでは!

広告を非表示にする