成長の布石

〜今日の自分をちょっぴり上回る明日へ〜

なくなって初めて気づくボールペンの大切さ

f:id:InomotoTakashi:20160801193647j:plain

たかがボールペン。されどボールペン

どうも、イノです。

仕事において、というか私生活において「ものを書く」という行動は、ITが発達した今でも世界中で行われているのではないでしょうか。かく言う私も、パソコンばっかり使うお仕事ですが、必ず一日に数回は「書く」という行動を取っています。

 

書くときに使うものって、ボールペンやシャーペン、鉛筆やマジックなどいろいろなものがありますが、基本的にビジネスマンはボールペンですよね。

手軽に持ち運べるのはもちろん、書いた文字が消されることもなく(最近は消せる特殊なボールペンがありますが)、書き残せるので大変便利です。・・・いたって当たり前なことを述べています。

でも、ボールペンが無くなった時の仕事の進み具合と言ったら、それはもう、悲惨なものとなってしまいます。ちょっと借りることができればいいですが、そうでない時もありますよね。自分ひとりしかいない時や、お客様との打ち合わせの時。そうなる前にボールペン自体の準備ができていればなんてこと無いのですが、忙しいとついうっかり忘れてしまうこともあるでしょう。

このような自体になった時に「なにか、書けるものがあれば・・・」と心底後悔することもあると思います。たかがボールペン。されどボールペンなのです。

 

忘れても困らないように胸ポケット挿しておこう!

ボールペンを常に手に持っているわけにはいきませんから、胸ポケットに挿しておきましょう。工場勤務の方は作業着の二の腕部分に、ボールペンを挿すためのポケットが有りますのでそちらでもいいです。

そして必ず、2本挿しておくことをオススメします。いざというときの予備ということで準備しておくことはもちろん、会議などで忘れてしまった人に貸すことも、もしかしたらあるかもしれませんし。

備えあれば憂いなしです。

インクはちゃんとありますか?

せっかく、ボールペンを用意していても、インクがなくなっていたら元も子もありません。ただのプラスチックの棒と化してしまいます。インクがつかない時も相当焦ってしまいます。何度か会議でボールペンのインクがつかなくなってしまった人を見ましたが、その人達はそこからメモを止めたのです。理由はボールペンがつかないからでしょう。

これは、残念ながら仕事をする姿勢とは言えないですね。ボールペンのインクがつかないことを天災のように言い、仕方ないんですと言わんばかりの雰囲気。これではダメです。

インクの残量も確認しておくことが準備になりますので、しっかりしたい部分です。

 

仕事に取り掛かる上で、準備すべき必要な道具は働く環境によって、異なるとは思うのですが、ボールペン自体、準備することが当たり前になりすぎて軽視されがちではないかと思う今日このごろです。

よく、ボールペンをなくしてしまう人は、「どうせ、すぐ無くしちゃうよ。」という気持ちを捨て、「今度は絶対無くさない!」という気持ちに入れ替え、高級な高性能ボールペンを購入することをオススメします。(私もそうしました。購入するときは震えましたが。)

この記事を読んでいただきありがとうございます。

ボールペンの大切さについて少しでも理解いただけると幸いです。

 

それでは。

ブログランキングに参加しています。
下のボタンのどれかを押して頂けると幸いです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分磨きへ
にほんブログ村
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

以下の記事もオススメです!

 

www.ino-san.info

www.ino-san.info

www.ino-san.info

www.ino-san.info

www.ino-san.info

広告を非表示にする