成長の布石

〜今日の自分をちょっぴり上回る明日へ〜

楽々!iPhoneのデータを転送・外部保存するために

iPhoneを使用している方は思うことがあることのひとつとして、ファイルやデータを外部のストレージに保存したいというものがあるのではないのでしょうか。

例えば、友人にファイルを渡したり、iPhoneの容量を確保するためのデータ退避させたりするという場面が多いと思います。

iPhoneには、iCloudやAirDropなどのワイヤレスデータを転送する機能が備わってはいるのですが、通信制限のネックに悩まされている人も多いのは事実です。そのため、物理的なメディアでファイルやデータの移行ができればカンタンですし、喜ばれること間違いないです。

そこで、紹介したい製品はこちら!

 マイクロジャパンが販売している「Lexar」ブランドのフラッシュメモリである「C20i」です!

パッと見た感じただのライトニングケーブルですが、実はこの中にフラッシュメモリが内蔵されていまして、iPhoneやiPadに専用アプリをインストールすれば、ファイルをアプリで管理しまして必要に応じて「C20i」に移動または、コピーができるのです。

そしてこの「C20i」をMacのUSBポートに接続することでFinderから通常のUSBメモリと同じように閲覧することができ、iPhoneやiPadから転送した写真やビデオにもカンタンにアクセスすることができるのです。とっても簡単で便利ですよね。

さらに、iPhoneの充電用ケーブルとして使用することが出来ますので、純正のLightningケーブルですとコードが長すぎて邪魔になっていた部分も、この「C20i」であれば、コードも短いため煩わしくないです。

 

iPhone用カードリーダもありますよ

SDカードを使用される方も多いです。USBフラッシュメモリよりもコンパクトな記憶媒体となり、ビジネスシーンでも利用される頻度は高いです。iPhoneにて取り込んだ写真や動画などを会社に戻ってパソコンに転送する際にネットワーク環境の調子が悪くても、物理的な転送が可能ですので環境に左右されることは少ないですね。

 

いかがでしたでしょうか。

 

iCloudやAirDropなどの機能を理解して使いこなすことも良いことですが、今回紹介した別の方法でもファイルやデータの管理は簡単にできるのです。機器を購入する代金はかかりますが、時間の節約などを考えると、その代金以上の恩恵があると思いますし、万が一のことも考え、ネットが使用できないときの応急処置用で持たれておくことをオススメします。

広告を非表示にする