成長の布石

〜今日の自分をちょっぴり上回る明日へ〜

一冊の本を集中して多読してみる

私は年間通して、結構な量の本を買い込んでいるのですが、身についている知識が薄いのではないかと感じるようになってきました。

多読していても、インプットも上手くされないまま新しい情報に飛び移っているのではないかと考えまして、一冊の本を集中して多読してみることにしました。

本なんて一回読めば大体理解できると調子に乗っていたのかもしれません。そこまで理解力が無いのではないかと気づき始めたのですね。ではどうするかと言えば、何回も読むしかないというシンプルな結論に至ったわけです。

その本の内容や伝えたいこと、自分に足りていないもの、自分ができていないもの、このようなものを理解するまでは他の本は読まないようにすることで、いろんな情報に振り回されるということを防げればいいと考えています。

今までの私は、積読の状態が多く、一度に3冊ほど同時進行で読みふけっていることが多かったです。この時は「本を読んでいるー!」という充実感があり、それなりに気分も良かったのですが、自分の知識として定着できている内容が薄く、また少ないことに気づき始め、このままでは自己満足読書となってしまうことに恐怖を感じております。

 

新しい知識を取り入れて、自分のものにできなければ正直なところ「無駄」だと思うのです。小説などの物語を楽しむ本はいいんですが、自分のスキルや考え方を高めたい時に、その本の筆者が記している内容とその理由を自分が納得できるところまで落とせなければ「そうなんだ。ふーん。。」ぐらいで読書が終わってしまうので、時間ももったいないですものね。

なので、ちょっと集中してこの本を読みまくりたいと思います。

はじめの一歩を踏み出そう―成功する人たちの起業術

はじめの一歩を踏み出そう―成功する人たちの起業術

  • 作者: マイケル・E.ガーバー,Michael E. Gerber,原田喜浩
  • 出版社/メーカー: 世界文化社
  • 発売日: 2003/05/01
  • メディア: 単行本
  • 購入: 43人 クリック: 567回
  • この商品を含むブログ (66件) を見る
 
 

 

広告を非表示にする