成長の布石

〜今日の自分をちょっぴり上回る明日へ〜

ある行動を選択することは結果も選択している

f:id:InomotoTakashi:20161204012628j:plain

行動=結果というものが身にしみた

「あー面倒だから後ですればいいや♪」なんて作業を後回しにすると、とんでもないことになったりします。

身近なところで例えると家の中の片付けが当てはまるかと思います。普段から生死整頓をしていないと、「〇〇がない!」や「ここに〇〇があったはずなんだけどなぁ」と家の中を探し物の亡者のようにさまようことになってしまいます。しかも結構な時間をかけて探し物をするので時間も無駄になりますし、ストレスも溜まります。もうイライラです。

しかも、探し物をしている時に散らかっていて見つけ出すことが困難である場合、その探し物が急に必要になったというシーンが多いのではないのでしょうか。

私も本日、仕事もなく部屋の片付けをしようと思い子供達のおもちゃの片付けから始めました。ある程度片付けると、部屋の窓が手垢や落書きで汚れていることに気づきます。そのため窓拭き用洗剤を手に取り、雑巾を探すのですが見つかりません。

30分ほど探したのですが見つからず、イライラし始め、とうとう掃除自体もストップしてしまいました。ある作業を始めようとして準備が万全でないと、相当意志が強くない限り辞めてしまうのだと感じました。あなたにもそのような経験はないでしょうか?

これって生産性のない悪循環にハマっている状況ですよね。

 

つい先日、100円ショップで雑巾を多めに購入したのですが、家に持ち帰った時に所定の場所に保管することを「あー面倒だから後ですればいいや♪」なんていう怠惰な行動を選択してしまうと、結果、必要なタイミングで雑巾が見つからないという結果が返ってきます。

当然のように思えることですが、私には結果を考えての事前の行動に欠陥があったというわけです。ちゃんと雑巾を所定の位置に保管しておけばそのままスムーズにイライラもしない状態で窓拭きができていたのです。

行動を選択することは結果も選択していると言っても過言ではありません。

面倒だと感じる場面が何度も何度も発生すると思いますが、その未来にある結果を考えると「今のうちにやっておくか!」とポジティブな感情を働きかけることができる場面が多くなります。そして、その行動のほとんどが、自分の未来を有意義なものに変えていくと思います。

行動という種をまき結果という果実を刈り取りましょう!

それでは!

 

広告を非表示にする